logo 〇七九・二八〇・一〇八六
home 商品案内 レンタル甲冑 男着物の楽しみ方 男着物の賢い選び方 着付けマニュアル
侘びすけ
侘びすけ
侘びすけ
侘びすけ
侘びすけ

 
left_003.png
男着物の始め方・楽しみ方
着物のはじめかた
着物の着方

洋服と同じように着物にもTPOがあり、日常の遊び着感覚で着る普段着着物やレストランでのお食事、パーティー、冠婚葬祭などのきちんとした場面での着物まで目的によって着物の素材や着こなし方が異なります。
着物を準備するなら自分の使用目的を考えて準備すると良いでしょう。

着物の着方

着物の着方
バサラな着こなしとは・・・
日本の中世、南北朝時代の社会風潮や文化的流行をあらわすような、
派手な格好で遠慮をせずに振舞う者達のイメージの着こなしです。
初心者からすると難しいと思われがちな着物スタイルを自分流にアレンジして
着こなしてみましょう!

準備するもの
 

肌襦袢 (VネックのTシャツ等)
ステテコ(ズボン下にはくもの等) 、パッチ等
足袋
長襦袢
着物
腰紐×1
男締め×1(代わりに腰紐でも結構です)
帯・履物
(羽織・羽織紐)

 

 

★インナー
着物の中に着るものは季節によって変わります。
春・夏なら半襦袢、冬は長襦袢が良いでしょう。また透け感や汗吸が気になる場合は
Tシャツやステテコをインナーとして着ましょう。
 
★帯
基本的には角帯が一般的ですが、リラックスした場で着物を着る場合は兵児帯もおすすめです。すべりがいい帯は
緩みやすく、すべりにくい帯は締めにくいというように帯によって締めやすさは異なります。
糸をたくさん使い、強く打ちこまれた帯は帯地にハリやコシが出て、きちんと締まり崩れにくくなる傾向があります。
 
★着物
木綿やウールの着物なら近所にフラット出かけたり、仲間うちで気軽な食事、カフェで
のんびりすごしたりなど肩肘はらないシチュエーションでリラックスして着られます。
洒落たレストランや気軽なパーティーに出席するなら紬や御召の着物が好相性です。
着物は敷居が高いイメージがありますが、リサイクル着物なら安く手に入れることもできます。

 
リサイクル着物を上手に着こなそう

着物を始めるなら、まずは安価で手に入れることができるリサイクル着物がおすすめです。

古いものなので、ほぼ一点ものであることも多く、

色柄デザインが斬新で個性が出しやすいことが特徴です。

しかし、リサイクル着物は仕立ての着物に比べると

サイズが合わないなどの難点もあります。

サイズの合わない古い着物でも、

手袋やアームウォーマーを使って手首が見えるのを上手くカバーする、

丈が短い時はブーツを履くなどのアイデアでどんどん着ましょう。

他にもマフラーや帽子、足袋ソックスとも好相性です。

これといって決まった形式はありませんので、

自己流にアレンジして自由に着こなしてみましょう。

季節を楽しむ
季節を楽しむ

 
着物姿で出かけてみよう!
普段着として楽しむ

春はお花見、夏は花火、秋は紅葉、冬は初詣など着物を着て楽しむイベントは年間を通してたくさんあります。

 

他にも 茶道・舞踊・能楽・邦楽・落語などの日本伝統文化を嗜むイベントや 結婚式、披露宴などの冠婚葬祭や成人式、卒業式といった公的式典、交流会、パーティー、お食事会などに着物姿で出席すると粋なものです。

 

近所への外出や家の中といったプライベートなシーン、カジュアルな食事の場など洋服と同じように、休日や日常のカジュアルファッションとして楽しむこともできますので、まずは気軽に飲みに出かけてみるのもいいかもしれません。