logo 〇七九・二八〇・一〇八六
home 商品案内 レンタル甲冑 男着物の楽しみ方 男着物の賢い選び方 着付けマニュアル
侘びすけ
侘びすけ
侘びすけ
侘びすけ
侘びすけ

 
left_003.png
着付けマニュアル
着物の着付け
【用意するもの】
【用意するもの】 肌襦袢 (VネックのTシャツ等)
ステテコ(ズボン下にはくもの等) 、パッチ等
足袋
長襦袢
着物
腰紐×1
男締め×1(代わりに腰紐でも結構です)
帯・履物
(羽織・羽織紐)
【着付けの順番】
(1)肌着を身に着け、足袋をはきます
    ▼
(2)長襦袢を着ます
    ▼
(3)着物を着ます
    ▼
(4)帯を締めます※帯の締め方はコチラ
    ▼
(羽織を着ます)
【着付けの順番】
肌着を身につけ、足袋をはきます
肌着を身につけ、足袋をはきます
(1)肌着を身につけ、足袋をはきます

(2)長襦袢を着ます

1.長襦袢を広げ袖を通します。(左右どちらからでもかまいません)

2.両袖の先を左右にピンと伸ばして、長襦袢の背中心と体の背中心を合わせます。

3.左右の衿先を身体の前方で合わせます。

4.上前を横に開き、下前の衿先を上加減に持ち上げるようにしながら、左の腰骨のところに引き付けます。
5.上前も同じように右の腰骨にくるように合わせます。(背筋をしっかり伸ばしてください)
6.腰紐を結びます。締め上がりを横から見たとき、前下がり・後ろ上がりになるようにし、しわを左右に寄せて整えます。
※細身の方は補正パッドで補正をしながらしっかりと留まります。

(3)着物を着ます
1.着物を広げ袖を通します。(長襦袢と同じ要領です)

2.着物の背中心と身体の背中心を合わせます。

3.着物の衿と長襦袢の衿をあわせ、着物の左右の衿先を身体の前方で合わせます。

4.上前を横に広げ、下前の衿先を上加減に持ち上げるようにしながら左の腰骨のところに引き付けます。
※長襦袢の袖を着物のたもとに収めます上前も同じように右の腰骨の位置にくるようにします。(ここまでは長襦袢の着付けと同様)
半衿が2センチ位見えるように着物の衿を整えます。
5.上前を右手で押さえ、男締めの中心を持ち、着物を男締めで固定させます。(腰紐でも結構です)
6.親指を男締めの内側に入れ、下に下げます。
7.着付完了!
男締めで固定すると両手が空くので簡単です。また着崩れしにくいです。

(4)帯を締めます※帯の締め方はコチラ
(羽織を着ます)
   
男帯の結び方
角帯の最もポピュラーな締め方である貝の口の結び方を紹介しますこれさえ覚えればいつでも気軽に和服を楽しめます♪
最初はややこしいと思うかも知れませんが、馴れると簡単です自分自身で結べるようにれば、シャキッと締められ着崩れも少ないでしょう
ぜひ、チャレンジしてみて下さい
男帯の結び方
男の着付けレッスン
1から着物をはじめたい方から、わからない所だけを教えてもらいたい方まで、 幅広く対応いたします。

レッスン内容
●着物、羽織、襦袢等の着かた
●たたみかた・帯の結びかた(貝の口・片ばさみetc・・・)
●袴のはきかた、たたみかた、その他着物に関することならなんでもおたずね下さい。

料金
●マンツーマンレッスン  1回2時間   ¥3000
●ワンポイントレッスン    30分     ¥1000

※2時間内で出来るかぎりのレッスンになります。

※学びきれない分は、改めてご予約いただいて結構です。

 

レッスン内容にご要望がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

TEL:店長直通 090-9979-4141